【レッド】赤の意味とイメージ

人と色の関わりは、とても深い。

今回は、日本の国旗にも使われている赤色について話していきましょう。

レッド(赤色)

赤は、とても重要な色なんです。

血液の色、炎の色、太陽など、古代から人類にとって生きる為に重要なものの色である。

日本で最初に誕生した最も古い色の名前でもあります。

赤色は、太陽の明るさ→明し→赤。となったと考えられています。

人類が進化の過程で、女性は果実などを採取する役割を担っていた。赤い実は熟して食べられるサインの赤色に敏感。その為、女性は赤に反応しやすい先天的な理由があります。

赤色のイメージ

赤色と言っても、様々な赤があるように色のイメージは複数あり、二面性も持っている。

抽象的なイメージで区別してみよう。

ポジティブなイメージ
明るい、愛情、積極性など
ネガティブなイメージ
怒り、闘争、危険など

人と同じように、色のイメージにも個性があることが理解できると思います。

イメージは、基本的には個人の経験、知識、願望などでポジティブにもネガティブにもイメージされます。

具体的なイメージ
血、太陽、炎、りんごなど

宗教•文化•思想

人類は、あらゆる時代、地域で赤色が使われていたようです。

赤色は、血液の色=生命の色。アフリカなどの部族で身体や、顔に塗っているのを見たことがあると思います。

身体に塗ることで赤色のエネルギーを借りたり、魔除けのようにして使っているのかも知れません。

日本では、世界文化遺産に登録されている、広島県にある厳島神社の大鳥居。千本鳥居で有名な伏見稲荷大社があります。

魔除けの色として、鳥居に赤(朱)が使われています。

僕も訪れたことがありますが、とても神秘的ですよね。外国人も大勢の人が観光に訪れてました。

まだ訪れたことがなければ、ぜひ行ってみてください。何かしらのパワーを吸収できるかも。

まとめ

どうでしたか?生命を司る赤色の不思議なエネルギーを感じていただけましたか?

僕も赤色は好きな色の1つで、赤い革ジャンだけは大事に着用しています。

好きな色も個性の1つです。良いも悪いもありません。現実も、ネットの世界でも色を楽しみましょう。

↓赤色繋がりで、こんな記事も書いてみました↓

【マンガ編①】スラムダンクで桜木花道をなぜ赤い髪で描いたのか考察してみた

暇つぶしにでも読んでください。そして、スラムダンク読んでみてくださいね!アニメもありますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまたね。今日もありがとう。

感謝を忘れずに。

カラーセラピー体験しませんか?

カラーボトルを使用して、あなたの潜在意識に眠る声を探すお手伝いをします。

モヤモヤした気持ちもスッキリします。

下記のお問い合わせからココナラのサイトへアクセスして、申し込みください。

color&thanks名義で登録しております。

シェアありがとうございます!

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      他にも、青、白、黒も1番古い色と言われています。また、別の記事でもお話していきますので読んでくれると嬉しいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です