御在所岳頂上でありがとう!あれを2回頼まれる奇跡!

毎度〜!
昔から声を掛けられやすい、オーラ0%のオタスケマンですw

エピソードとして、名古屋で観光に来ていた外人イケメン2人組みに道を聞かれる。
近所で配達先が分からず、彷徨うヤマト運輸に配達先の家を聞かれる。
旅行先の大阪で、同じく観光で来てる人に道を聞かれる。。。

まぁ、思い出すと色々出てきますw
すいません、前置き長くて。今日は、ありがとうのお話です。

先日、彼女と御在所岳に行ってきました。

そこで起きた、観光あるある感謝のエピソードをお話したいと思います。

この日は快晴で、御在所岳頂上には大勢の観光客、登山客でいっぱいでした。
ちなみに、僕達は、ロープウェイとリフトで頂上に行きました。

行くと分かりますが、絶景です。絶景といえば、写真撮影ですよね!
みなさん、写真撮りまくりでした。もちろん、僕達もスマホ片手に
バシャバシャ写真撮ってました。

子供のようにはしゃぎながら、頂上を散策していると、
登山装備を身につけた1人の男性に『すいません、写真撮ってもらっていいですか?』
と声を掛けられました。

僕『いいですよー。』断る理由がない。写真センスに一抹の不安があるが、
最近のカメラの性能はすごいから大丈夫。

カメラを受け取ると男性の彼女登場!あっ、素敵!
なぜなら、登山は、遅い人にペースを合わせるから、本当に仲良しカップルじゃないとできないと僕は思っているからである。
なんでペース合わせてくれないの?とか、早く行くぞと急かしたりとか。
ケンカの原因になりそうな案件が多いからだ。

話が脱線しました。すいません。。。話を戻しますね。

全部で2パターン頼まれました。1回は、景色がメイン。
2人の距離が離れた状態でパシャリと撮影。

僕『2枚目撮りますよー!』と言った瞬間、2人は磁石のS極、N極のように
ガッツリくっつき抱きしめ合う。ラブラブだ!
撮影する手にも力入ります。2人の思い出写真を撮るのだから。
心を込めてパシャリと撮影。
一応、撮った写真をカップルに確認してもらい、一言。

カップル『最高です。完璧です。ありがとうございます!

そう言って元気に歩いて行きました。

ここで?まさか、ありがとうをもらえるなんて思っていなかったので、嬉しかったです。
カップルの思い出作りに貢献できたので、オタスケマンとしての役割を果たせました。

カップルを見送り、僕らは別の場所へ移動。
頂上から見下ろす景色に感動しながら歩いていると、

女性3人組『すいませーん、写真撮ってもらっていいですかー?』

めっちゃ元気な声と笑顔で言われました。
まじか?ほんの30分前くらいに写真頼まれたばっかだぞw

1回は頼まれるってのは、経験ある人多いと思うけど、2回って。
そうそうないですよね。
オレって、そんなに声かけやすいのかな?って、彼女に聞いたら、う一言、
うん。そうなんですねw

変にピリピリオーラ出してる人より全然良いかと、心の中で納得した。

女性の笑顔に負けないくらいの笑顔で、

僕『いいですよ!何パターン撮りますか?』

女性『じゃ、2パターンお願いします。』

と言うと、女性3人組は撮影スポットへ。各自好きなポーズをしながら、
ワイワイやってるw

僕『ハーイ、チーズ!!』と、パシャリ。先ほどのカップル撮影で謎の自信を
得たので、迷いなく自信満々で撮影。

続いて、2パターン目。先ほどとは違い、シンプルにピースサイン。
どっちが本性なのか。。。分かりません。

例のごとく、写真を確認してもらいました

女性3人組『いい感じ〜!ありがとうございます!

と、満足してもらえた様子で、キャッキャッ言いながら去っていきました。
あれれ、またしてもこれは!
そうです、ありがとう言われちゃいました。
元気な仲良し女性3人組の思い出写真に撮って感謝されました。

いや〜、今日は景色も印象深い1日だったけど、それと同じくらい
印象に残る、『写真お願いします』の2連発でした。

今回、ありがとう貯心2頂きました。

累計ありがとう貯心3

それではまたね。
今日もありがとう。感謝を忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です