現役トラックドライバーが教えるあおり運転被害にあわない方法!

あおり運転許しません!
現役トラックドライバーとして奮闘中のオタスケマンです。
あおり運転!このワード、一度は耳にした事ありますよね。
実際に被害にあわれたり、目の前で見たという人もいると思います。
怖いですよね。人の命を奪う最低の行為です。

あおり運転とは、自動車などを運転中に車間距離を極端に縮めたり並走して幅寄せを行う行為です。運転中に割り込み、追い越しされた事に腹を立て報復行動をする。クラクションを過度に鳴らして威嚇する行為も含まれます。相手の車を停車させて、暴力行為をする人もいます。

なぜそんな危険な運転するの?
ハンドル握ると人格変わる人いますよね。普段は温厚なのに運転するとめっちゃスピード出したり、ブツブツと周囲への文句を言う人。車という密室区間では、守られているという心理から気が大きくなる傾向があります。自分の思い通りにいかないとイライラしますよね?車は自分の手で思いのままに動かせる反面、些細な事で思い通りにならなかった場合は怒りという感情が現れやすいと言われてます。
今回は、あおり運転被害に遭わない方法を伝授します。

ドライブレコーダーを装着しよう。
ムリな割り込みで相手をイライラさせない。
時間にゆとりを持って行動しよう。
もしもあおり運転されたらどうするの?
まとめ

順番に解説しますので最後まで読んでくれたら被害に遭う確率はグーンと下がると思います!

①ドライブレコーダーを装着しようムリな割り込みで相手をイライラさせない

まずはこれ!ドライブレコーダー装着!
おそらく一番の抑止力になります。
【ドライブレコーダー録画中】こんなステッカーも売ってるので自車の後方部のよく見える場所に貼ってアピールしよう!
これだけでも後方ドライバーには効果あります!
実際、ステッカー貼ってる車の後ろを走行中は車間距離広く取っちゃいます。
やましいことは無いですが、なぜかそうなります。
悪いことしてないのにパトカー通るとなぜか緊張する心理と似てますw

名古屋走りなんて言われたりしますが、斜め後方を確認せずに車線変更したり、方向指示器(ウインカー)を出すのが遅い。このような行為が、後方を走るドライバーの怒りを買うことがあります。
道路交通法第53条各項および道路交通法施行令第21条には、進路変更動作の3秒前に方向指示器(ウインカー)で合図することが定められてます。
違反であることをしっかり覚えておいてください。罰金取られますからね!

⑴3秒前に進路変更の意思表示
まずはルールを守ろう。

⑵進路変更する側のサイドミラーで斜め後方確認
確認は絶対!確認不足による事故も発生してます。

⑶目視による進路変更する側の後方確認
【注意】並走する車はサイドミラーに映らない場合があるので目視は必ずしましょう!見すぎて前方の車に追突なんてこともあるので、前方後方バランス良く見ましょう。
⑷急なハンドル操作ではなく、ゆっくりとハンドルを切ります。
⑸譲ってくれたら、ありかとうハザード(ハザードランプ)で感謝を伝えよう!

▲真ん中付近にある赤いボタンがハザードランプのスイッチ。
押したら1秒〜2秒でスイッチをもう一度押してOFFしよう。

行動後に感謝を伝えてあおり運転リスク軽減!

②時間にゆとりを持って行動しよう。

焦りは禁物!被害者から加害者になるよ!
焦りはあらゆる判断を鈍らせます。自身が事故を起こすリスクも高まります。
余裕を持った行動を!遅刻はダメ!でも、車で人を傷つけるのはもっとダメ!
運転中は心にゆとりを持つためにも時間にゆとりを持つ。
心にも自然とゆとりが生まれます。
安全運転の基本は心のゆとりです。忘れないでね。

③もしもあおり運転されたらどうするの?

①〜②までの事に気をつければ、あおり運転被害にあう確率はほぼ無いです。
しかし、万が一あおり運転を受けたらどうしましょう?
対処方法を記載しておくので参考にしてください。

⑴焦らない

焦ってハンドル操作やアクセルを踏み込み過ぎてスピード超過になり自身が事故を起こしてしまうリスクがあります。決して焦らない事。

安全に停車できるコンビニ駐車場やサービスエリア駐車場に逃げよう。

人の目に触れやすい駐車場なら、加害者も我にかえるかもしれません。

駐車したら車のドアロック忘れずに!窓もしっかり閉めて待機しよう。

安易に外に出るのは危険。車内でやり過ごそう。
警察110番に電話してあおり運転被害にあってること、運転手が車から降りてきて危害を加えられることなどを伝えて車内で助けを待とう。
絶対に車から出ないことが身を守る唯一の方法です。

上記3項目を必ず覚えておいてください。

まとめ

いかがでしたか?
日頃から車を運転する人は被害者にも加害者にもなる可能性があるんです。
車が悪いわけでは無い。全ては人が引き起こすことです。
車は便利ですが、ハンドルを握れば、あなたの行動が人を傷つけたり、命を奪う可能性があるということを頭と心に叩き込んでおいてください。
一度ハンドルを握ったら、周囲への思いやり、譲ってくれたドライバーに感謝することを忘れないでほしいです。
あおり運転はドライバーの恥ですから。

ドライバーの皆さん!お仕事お疲れさまです!ありがとうございます!
これからも安全運転お願いします。


それではまたね。
今日もありがとう。感謝を忘れずに。

オタスケマン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です